ウszyhmhvydgdnhhb iuh

戸田真琴さんのコラムに触発されてまたブログを書きたくなった気分です。

芸能界にも同年代が目立ってきて老いを感じる日々ですね。

負けてられんぞの精神を持って生きていきたいそんな昼。

タイトルは思いつかなかったのでキーボードをガチャガチャしました。

 

 

前回に引き続き言葉について書く。

僕はこう見えて言葉使いには気を使っている方だ。こう見えて。
僕に近しい人物なら嘘つけと思うかもしれないが、他所向けの姿を見てほしい。極力失礼のないように、相手に不快な思いをさせないように尽力しているはずだ。これは人見知りとも言う。


そんな僕だが特に気をつけるワードが1つある。

 

 


お前

 

 


だ。
これを使うのは少し覚悟がいる。
初対面の相手に使うのは言語道断。
友人知人の距離でもわざわざ言う必要は無く感じる。名前を呼べばいいだろう。

タメ口なら相手にもよるが許容できる。使い方次第ではより円滑なコミュニケーションにつながる魔法の道具だ。
だが先日、知人が「初めて会った人が3言目にはタメ口になった」という旨の不満を話してくれた。やはりタメ口は使い方次第だ。


「親しき仲にも礼儀あり」の一線は、少なくとも僕の中ではお前呼びがそれだろう。
僕の友人は比較的年上が多く、知り合う場所が違えば一緒に酒を酌み交わす機会なんて一生なかったような人が多数いる。

僕はいささか踏み込めない人間なので、自他共に認める仲の人でも敬語が抜けない場合がある。だが失礼な敬語では絶対に無い自信があるのでもういいやとなっている。

 

 

ちなみにこんな偉そうに語っていたが僕だってお前呼びはする。

だがここまで他人を重んじる僕だ。使う相手は限られている。

良く言えば特に親しく、
悪く言えばナメている人にはよく使う。

心当たりがあったら密かに恨んでいてほしい。

余談。

戸田真琴さんの最新作が放尿モノで性癖どストライクなので誰か買ってください。