ほりのくだらない雑談・おばけへの持論

こんばんは。ほりきりです。

気まぐれに書きますがどうせ黒歴史になるので飽きた頃に消します。

タイトルは中学の頃アメーバピグとか流行る直前くらいまでやってた同タイトルのブログから(もちろん消したが)

今日は心霊特集!とかの文字をみかけたので自身のお化けに対する考えです。

 

まず肝試しってクソ失礼じゃない?

 

って常々思うんです。まあ肝試しをする連中なんてドラマの中かよほどの馬鹿かに限るとは思いますが。

お墓を一周!暗いなあ怖いなあキャーキャー

うるせえ。

お前らお化けさん側から肝試しを考えたことがあるのか。

君が家でくつろいでいる時に急に玄関から知らない若者どもが入ってきたらどうする。驚くだろ。

しかもそいつらは自分を無いものとみなし、何を聞こうにも無視を決め込むんだ。

あげくは部屋を土足で踏み荒らし動画を撮り、怖い怖いと騒ぎ立てる。そして最後は荒らすだけ荒らして逃げるように去っていく。

ムカつくわそんなの。そりゃ呪いたくもなるわ。

てことで肝試しに誘ってくるやつは例外無く縁を切るつもりだから覚悟しておけ。

 

加えてTVとかの心霊特集も嫌いだ。

お化けを見世物扱いしたあの感じ。お化けがお前になにをしたって言うんだ。

あと音、鍵盤を力一杯殴りつけたように飛び出す音。

はっきり言うが急に大きな音が出たらそりゃ驚くだろ。

音で驚かすなんてロケット花火でもできる。それに驚く人間の金切り声に驚くわタコ。

あえて文中「幽霊」と言わずに「お化け」と表現してるのもこのような考えからだ。

所詮は人間風情が勝手に決めた呼び方だけれど、幽霊ってのはなんか差別的なニュアンスに思えて好きじゃない。

少し話はそれるが「外人」という呼び方も同じ理由で嫌いだ。といっても失礼無き呼び方が思いつかないので「海外の方」とよく使う。距離があるように感じるが失礼よりかは100倍マシだ。

 

話を戻す。

といっても僕の勝手なおばけ論はこれがほぼ全て。

お化け屋敷は別に良い。お化け屋敷の存在自体が妖怪(残念ながら丁寧な呼び方が思いつかない)に対するリスペクトな気がするからだ。なのでおばけモチーフの創作は嫌いじゃない。むしろ好みだ。この妖怪のこの部分を特徴的に捉えたんだなあと、デザインの生まれるまでを想像するのはとっても好きだ。

 

 

ちなみに僕はほりきり家の家訓によりお化け屋敷は今まで一度も入ったことが無い。

[ほりきり家,家訓,金を払って怖い思いをする意味がわからない]