(ネタバレ注意)映画「カメラを止めるな!」感想(ネタバレど注意)

再三言うけどこの記事はネタバレ注意だからね。

ダースベイダーが父親だって事を一行目から書くくらいネタバレだからね。

まだ見てないひとは渋谷か新宿らへんでやってるからで見に行って。

満席でも諦めないでね。僕は立ち見だったよ。君の名は見に行ったお前。そんな普段映画見ないけど皆見てるから見に行ったお前。お前だよお前。次の映画ブームはこいつだぞ。絶対見に行けよお前。僕だって流行りで見に行ったんだから全然いいんだよ。ただ新海誠とは元の規模がぜんぜん違うからもっと声を大にして勧めたいんだよ。先輩に連れてかれる飲み会より安くて有意義だから。君の名は見たお前は見て。本当に。あと誰かモンハンワールドを俺にくれ。本当に。

 

 

 

 

 

 

ここ以降は映画「カメラを止めるな!」を見た前提で書いてくので閲覧者自己責任。

 

 

 

 

 

 

 

これは圧倒的共感の映画だ。(本当は書きたかったブログタイトル

 

周りの評判「良かった!見てほしい!」だけ聞いてて、予告とかの事前情報はなし。

で、正直最初30分くらいはナメて見てたんですよ。

カット全然変わらない事は割と序盤で気づいて、多分1カットで撮りきるから「カメラを止めるな!」なんだろうなーと察してしまった。その一点に力を注いだタイプかなって。

内容はB級だけど1カットでよく撮れたって意味だけの話題作だったのかーとなりまして。

内容は全体的にチープだし、モヤモヤする点も残ってるし(☆印のついた倉庫内での謎のゾンビ足とか)、まさしくB級って感じ。すごいけど超話題な理由は全然わかんねーなって思いながらエンドロールを眺めてたんです。でもここでとある疑問が湧く。

 

 

あれ、短くね?

 

 

そう、短すぎる。上映時間90分くらいだったよな?

でもこれは体感でも30分くらい?絶対1時間はやってない。短過ぎる。

と思ったそんな折にエンドロールが終わる。

 

 

そしてそこから、始まる。

 

 

突如出てきた1ヶ月前の文字。

画面に出てきたのは数分前まで狂人になりきってた監督役のん?

あれ待って。監督って監督役じゃないの?これもう立場がガチの監督じゃん。あれかこの人、チャウ・シンチー系の監督か?なら仕方ない。

そして出てくるスカしたイケメンプロデューサー&なんか可愛いオバちゃん。あの髪型はセンスある。

そこで僕らがたった今まで見ていたチープなゾンビ映画の真実を知る。

 

ゾンビ映画(番組?)

・ノーカット1本撮り

・生放送

 

は?と僕が監督なら思うだろう。と思ったら案の定この監督もは?って顔してて安心した。でも僕知ってる。あんた、やるよ。

結局やるのかな~じゃなく、どういう経緯でなったのかな~という点に視点を置くのはかなり珍しいと思う。三谷幸喜だったら間違いなくこのカットから始める。佐藤浩市らへんが「どうしてこうなった...」つって始める筈だ。これは本当に低予算だった故かもしれない。(確証は無いが予算は全部で250万、撮影日数は8日だったらしい)

 

それ以降は既存もしくは新たなスタッフ側のキャラ掘り下げに力が入るわけだが、とにかくキャラクターが単純明解で見やすい。弱気な監督、護身術の妻、熱血制作娘、酒クズおじさん、意識高いイケメン。絶対降板になる子持ちと絶対降板になる元監督。みんな一言で紹介できるくらいシンプル。役名ほとんど覚えてないけど全員紹介できる自信がある。

と同時に劇中映画のB級らしい薄っすいキャラクター像も全てこのための伏線だったと気づく。

思えば劇中映画もフル上映って中々気合い入った試みだよな。

監督役の狂人っぽさを刷り込まれた上からきた弱気で断れないギャップをはじめとした、新たに塗られるキャラクターの本性を、はじめの映画に当てはめていく。

 

ここまで来たら後はひたすらに答えあわせ。

 

冒頭30分のモヤモヤが一気に晴れてきた。最初の監督。大爆発だったんだなあと。いやそらそうなるよ。あんなの笑うなと言われる方が無理だ。

個人的にさらによかった点はモニタールームのオバちゃん。生放送のドタバタを何も知らないからこそできたリアルな視聴者サイド。スマホを覗くな。

 

僕の見た上映でも案の定会場からの笑いが絶えなかったが、その理由はやはり共感だろう。

誰もツッコまなかったけどやっぱりそう思ってたんだ、っていう。

この状況だったらそうなるよ。というような本編。

予想できない笑いじゃなくて予想してたからこそ出る笑い。

それが予想できない展開の中にふんだんに詰まってる。そんなの面白いに決まってる。

 

あとね、手のひら返しのように言うけどね、30分1本撮りってめちゃくちゃ大変なんだよ。ぼく映画サークルいたからわかるもん。

一言噛んでもお終い、

一瞬スタッフが写り込んでもアウト、

予想できない外的要因(車、ヘリ、動物など)の恐怖に怯えながら、

1回ミスればメイクも血糊もやり直しですよ。

大袈裟だけど一回のミスでくそ集中した30分が無駄にするんだよ。

萎えるぞ~~どうだすごいだろ。この映画。

ただうまくいけば編集の手間や撮影スケジュールの短縮とかできてめっちゃ効率的でもあるんだけど、

普通やらない。てか、できない。小規模だからこそ現れた大博打の選択肢を見事大成功させた。それがこの映画だ。

これは全国に広まってくれ!!カメラは止めない!撮影は続ける!!