「ほりきりって誰推しなの?」

積年の疑問である。無限に聞かれる質問である。この模範回答を無限に考えているがパッと良い例が思いつかない。草彅素子って言ってもそんなにウケないしな。こういう長年つきまとう「説明めんどくさい問題」って絶対ありますよね。一番多いのはあだ名の説明じゃないでしょうか。

僕のTwitter名が仮に「ジェンダーレス吉田」だとしたら「なんでジェンダーレス吉田?」という疑問が湧くと思うんです。んでいつか僕に聞いてくるんですよ。何でジェンダーレス吉田?って。でも聞かれる人にとってその質問はもうウン十回目もしくはウン百回目のジェンダーレス吉田なわけで。でも質問者にとってはそれが初ジェンダーレスなんでしつこいとも言えないじゃないですか。なのでその場で完結に答えられるのってもはや技術ですからね。慣れはある種の諦めにもとらえられしまうのですよ。「本名が吉田でジェンダーレスな外見とよく言われるからです。」うーん弱い。僕の顔立ちが女王蜂のアヴちゃんならすぐ納得できるが、残念ながら僕の顔面は出来損ないの森山直太朗なのでジェンダーレスには程遠い。

「憧れの人がジェンダーレスの吉田って人だったんです。」いやそれはもうお前にジェンダーレス吉田要素無いじゃん。ジェンダーレス吉田botじゃん。

 

「本名が吉田ジンダレスなんですよ」

 

これだ。

 

これだよ。

 

 

 

これだけど吉田ジンダレスって誰だよ。

 

 

話が逸れた。えっと推しがどうこうって話でしたよね。

そう困るんだよねこれの回答。一応歴代で推しって呼べる人がいるとすればバンドではないグループのギャルっぽいお菓子に例えるならグミのような方かなって感じだけど、それももう3,4年前だし公言できるかと言われればちょっとなぁ。って感じ。僕自身根がオタクだし元々アイドル現場行ってたし友人関係はほぼオタクなんだけど、アイドルオタクなのかって聞かれるとうーんて感じ。アイドルは好きっちゃ好きだし女の子はそりゃ好きだけどアイドルとして見ているかと聞かれると返答に困る。一応補足するけど繋がれそうなただの女子として見てるわけでも勿論無いのでね。そんな社交性あったらオタクしてねえよ。

そんな感じで自問自答していたらある結論にたどり着いた。

 

 

「僕、シスコンかもしれない」

 

 

今「は?」と思った方は手を挙げてほしい。ちなみに僕は一人っ子だ。

余計「は??」と思った方は両手を挙げてほしい。

僕が年上好きってのは大前提として、僕がアイドル文化に足を踏み入れたのが確か高校2,3年の時なんですね。んでもってその時僕が触れたアイドルやらコンカフェキャストってだいたい年上で、かつ年上すぎはしなかったんですね(それはそう)。だからないものねだりとでも言いますか、無意識にアイドルって存在に姉を重ねてたんじゃないかと思います。そう思うと僕の立ち振る舞いにも納得がいく。

僕がアイドルとして最初にハマった...えっと...電波ソングをテーマにしたアイドルさんたちはさ...ほら...年とかさ...ね???

そして次はバンドではないギャル系の姉。そして横浜の海産物の姉、ほらなんかパターン読めてきたでしょ?元BiSHの姉も一瞬あった。

 

そしてこの流れでようやく本題に入れる。今日ね、親友の姉の卒業ライブだったんですよ。もちろん比喩表現ね。

思えばライブはちょくちょく伺う程度だったけれど、知り合ってからの期間を考えると相当古くからの付き合いだったと一方的に思い込んでる。職場の転勤(これまた比喩)とか色々してて大変そうだなーと思って見てたけど、常に前向きで、誰よりも楽しそうに歌って周りを巻き込んでく感じ、最強に見てて心地よかったなぁと思いました。多分初めて会ったのは僕が高校生のごろで、ディアステ一番行ってた時期なのではないかと思ってる。名前もたぶんほりきり以前の説明がめんどくさくてやめたオタ名だったはず。いつも身近に感じていたので、それこそアイドルとしてではなく姉として、僕よりもアホ熱量高い親友がいたのでそう表記したけれど、親戚のような、存在が当たり前と思っている距離感だったので、ぱっとその存在が消えると思うと喪失感がかなり出てきます。芸能(バラエティ)の道に進むから変わらず顔は見れるだろうけど、アイドルの姿はもう、今日で最後なんだなと。

推しと言える程に推せていたかはわかりませんが、今日を境に僕のアイドルの推しはもう答えようが無くなったと思います。

柚希未結さん、アイドル活動お疲れ様でした。これからの道も応援しています。

 

これからはジェンダーレス吉田でも推すか。

PS4が欲しい

先日オタクの友達にタロット?アルカナ?の占いをやってもらいましてね。

ざっくりした結果で出たのが「他人に興味が無い」。

あぁ〜〜〜わかるぅ〜〜その通り〜他人は他人〜〜〜となってその勢いのままテキーラを勢い良く飲み干した僕は未だに体調を崩しています。

こんばんは。

最近気づいたんだけど、もしかすると。もしかするとね?

僕は大人しいタイプの子なのかもしれない。

大人しいというか冷静というか控えめというか。

良く言えば

ポーカーフェイス。

悪く言うば

無愛想。

不満顔。

無表情。

顔が硬い。

写真撮るとき顎引いてくださいって必ず言われる奴。

うるせえよ。

まあそう思ったのにも理由がありまして。

最近わたし就活始めたんすよ。

んでことごとく言われるの。

クールそうって。

わたしが。嘘やろて。

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20180422020732j:plain

こんな奴がクールって。

電車の中で履歴書書いて出してるようなこいつがですよ。

このあと会場間違えて面接に30分遅刻したような奴がですよ。

クールですってよ奥様。うそつけ。多分あの面接落ちたわ。

なので最近人見知り改善プロジェクトを実行中なのですよ。

って感じの活動の一環で今日はアルバイトの他店に始めて行ったんですね。ヘルプってやつで。

もうどアウェー。

でもめげないほりきり。えらい。そんな中でもね。

自分の立ち振る舞いを意識しながらやってみたんですけど、まさしくアレでしたね。

借りてきた猫。サリエリのプロフィールかよって感じですよ。

わかんないやつはfgo始めような。

なんだろう。緊張じゃないけど果てしなく他人行儀というか。

モンハンの良心的な野良ユーザーみたいなああいう印象?わかる?わかれ。

いやーどうしても抜けないんだよね私の立ち振る舞いからあの感じ。どうしよ。

まあそんな悩むレベルじゃないけどやだなーってくらい?

まあこれ引っくるめての私だしーというスタンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

…ってのが顔に出てるからあの死に腐った目玉の顔つきなのね!知ってる!

これはきっと治らない!治す気もそんなに無い!

そんなに困ってたらなにかしら自覚しますしね。なんも問題ないってことはこのままで良いってことですはい。(問題視してるやつの発言ではない)

最近よく思うんですけど良い事やら恵まれてることってよっぽど意識しないと自覚できないんだなーと思いました。

ほら、自慢だけど僕生まれてから1度も眉毛剃った事ないんですよ。

自前。

すごくない?ソースは面倒くさいから僕の画像欄でも漁ってください。

そんな感じで。ほら歌にもあるでしょう

「何でもないようなことが幸せだったと思うールールルールルルールールー」ってやつ。

意外とその通りで、いやほんま。

21の若造が何を言ってるんだとお思いでしょうけど。

こう見えて老いを実感してるんだから。

最近同い年のAV女優がバンバン見つかるんだから。

最近気になってる同い年は桃乃木かなさん。

二郎食った後に牛角行ってるツイート見て目見開いた。

 

嫌だよー老けたくないよーというか別に老けてもいいけど無意識に偉そうに振る舞う

ファッキン年功序列ファックマンに一歩一歩近づいていく身が恐ろしいよー

やっぱ若者って想像力の塊じゃないですか。

時代を使むというか。未来を担うというか。

私が段々老けていくにつれ若者と関わる機会は刻一刻と減っていくんですね。

んで老けてから若者と関わるには人一倍社交性が無いといけないんすよ。

あと若者に限らず他人というカテゴリ自体に興味を持たなきゃそんな社交性も

身につかないんですよ。

先日オタクの友達にタロット?アルカナ?の占いをやってもらいましてね。

ざっくりした結果で出たのが「他人に興味が無い」。

あぁ〜〜〜わかるぅ〜〜その通り〜他人は他人〜〜〜となってその勢いのままテキーラを勢い良く飲み干した僕は未だに体調を崩しています。

こんばんは。

20180225 クズえんげきじん図鑑 感想

クズえんげきじん図鑑。

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20180225221724j:plain

見てきました。

以下、褒めます。

準備はよろしいでしょうか。

この部分実はTwitter連携時にバレないための文字数稼ぎなんで読むだけ無駄ですよ。

ではいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


うっぜーーーーーー!!!!!

マジくそうぜー!!!!! 

観劇中半分くらいイライラした!!

ステージなんて演技なんて人間なんて全てクソだこの世なんて俺1人だけ生きてればそれで良いんだよタコ!と僕が常日頃思う理由をまじまじと見せつけられた気分。

この舞台はまさしく見るストレス。

飲み会文化とか死んでくれ。

人間関係バチバチさせる無能どもが。

遅刻魔欠席魔を裏でブチブチ言ってねーで面と向かって文句言えよクソファッキン日本人気質が!

演劇界なんて絶対関わりたくねえなクズが!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度言うけど褒めてます。マジで。

大学柄似たような経験があったので無茶苦茶腹立っただけです。

どんな感情であれ人の心を動かせたら良い演技の証拠だと思ってます。

事実僕は今回のお話でめちゃくちゃイラつかされました。舞台の質ではなく内容自体に。

質については僕自身観劇直後に冷静さを欠きながら書いてる(この表現うまくね)ので自分でもよくわかってません。

ですがこんな感情にされてるくらいなんでめちゃくちゃ良質な演技だったんだと思います。

多分この反応がクズえんげきじん製作陣(語呂良くね)が狙っていたまさしくその通りのリアクションではないでしょうか。パンフにも愚痴等お書きくださいって書いてあるし。違ったらごめん。

 

キャスト陣で知ってる方と言えば、知り合い以上友達未満の関係である雑魚モテ役みくにさん。

そして俺の話を聞いて役の佐藤辰海さん。辰海さんは前回ギジレンで見た時に金子ノブアキみたいな印象がありましたが今回はヒゲが減ってて最近のキンコン西野みたいだなと思いました。

 

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20180225215301j:plain

↑これだよ〜って出したかったけど見た目が完全に広告バナーでキレてる。


舞台は縦長のほぼ舞台客席一体型という珍しい形式で客席も舞台の一部のように感じました。

そのためキャストの配置など目が足りなくなるポイント満載で、物語の主軸が進行してる横ででやってる大筋にぜんぜん関係ないストーリー大好き侍としては逆にそっちに目がいってしまう時も。

「醤油臭ぇんだよ!」がお気に入りです。

その他要所要所のギャグもイラつきながら笑っていました。

特に胃腸炎さんの見せ場とも言える真面目説教シーンも服装と少しの動きだけであんなに面白くなるのかと勉強になりました。

全体を通してイライラするほど共感でき、どこか自分に当てはまるところもあったり。

やっぱ顔出さない人間って例外なくゴミなんだなと痛感できました。

主宰の金渕さんは極めて多彩な方なんだなーと脱帽です。

キャラとして成立させるほど人をよく見ていて、加えて絵もかけてプロフィールいわくピアノもできてダンスもできて、米津玄師かよ。

 

できたら観劇後にキャストさんと直接お話ししたかったのですが、あまりのストレスに思ってもいない言動や悪態が飛び出してしまうと判断し(あとこの後すぐワルキューレのライブがあっ)たので自重しました。

映画や舞台で感動した事は数あれど、感怒した劇は初めてです。(ここキメ所)

なかなかできない体験をさせてもらえました。

見て良かった…のか??

 

何も知らない友達に見させて観劇後の顔を拝みたくなるような内容です。

おわり。

孤独のグルメ 〜season X〜

1月、都内某所

(ボッボンボボボボッボボンボン
ボッボンボボボボッボボンボン
ピヒュ-ピ-ピッ.ピピッピヒュ-ピッ
ピピッピヒュッヒュヒュッヒュ-ピッ
ピ-ヒョッヒョヒョ-ヒョ-
ピヒュッピッヒュッピペペペペン
ボ-ン)


なんかの店長「本当に今日はありがとうございました」
松重「いえいえ、」
店長「あのレイアウトすっごい気に入りました。この調子でよろしくお願いします。それにしてもこんな天気になるとは…申し訳ない、」
松重「いやいや、これが仕事ですから。」
店長「あ、良かったらこれ、カイロ使ってください。」
松重「ありがとうございます。助かります。(笑)」去る。

 

いや〜、雪かぁ。
東京で降るのは4年ぶりくらいだっけ。
今日はこの後2件残ってる。ちゃっちゃと終わらせないと…

んっ、
そんな事を考えていたら
腹が、減った。
ポン→
ポン↗
ポン↑
「よし、何か食べるか。」

と言っても時間がない。

急いで店を探そう。

博多ラーメン。臨時休業。

その横のお好み焼き、臨時休業。やけくそでクリーニング店。本日休業。

雪め…まあこの天気じゃ仕方ないか。

店がダメとなると...いや、待てよ。

雪、食べれられるんじゃないか。

 

〜近くの公園〜
うーん。

どうなんだろう。(地面の雪を素手で掴む)

おっ!冷たい。

素手だとやっぱりくるなぁ〜

こういう時にさっきのカイロ。

貰っといてよかった。

よし、では改めて

(雪を一掴みする)

(手の中で溶ける雪)

「あっ!」

やってしまった。

カイロで温めすぎちゃったか…

ちょっと水で手を洗ってっと。

よーし、手には厳しいが飯のためだ。我慢我慢。(ザッザッザッザッ)

(両手いっぱいに盛った雪を見て)

よし、だいぶ集まった。

そろそろ食べてみるか。

「いただきます。」

両手で合掌。

こぼれ落ちる雪。

「あ"ぁ"っ!」

やってしまった。

ううーん、一度落とした物を食べるのはマナー的になぁ…

仕方ない。集め直そう。(ザッザッザッザッ)


(ビールのジョッキに集めた雪を見て)

よーし、いい感じだ。

こんな時のためにジョッキを持ち歩いててよかった。

では今度こそ

「いただきます。」

ゴクッゴッゴッゴッゴ

うう〜ん。くるなぁ〜

雪ならではのひんやり感。

刺さる、刺さるぞ〜

つららを飲み込んでるみたいだ。

これはクセになる。

おっ、なんかジャリっとした。

氷か、それとも。

...残念、砂利だ。

雪でよくわからなかったけど、ここ砂場だったのか。

ジョッキで深くすくうのは注意、っと。

公園の子供「ねーねー!あのおじさん雪食ってる!」「こえー!」

お、クソガキだ。

母親「ちょっとゴロー!何指差してるの!」

子供「だってさーあのおじさん」

母親「見ちゃいけませんあんなの!早く帰るよ!」

子供「えー」

...行っちゃった。

ゴロー。俺と同じ名前か。

ゴロー。お前はこうなるなよ。

「ごちそうさまでした。」

うーん、結局7杯もおかわりしちゃったな。

次の取引先でお腹下すんだろうな〜。

「よし、頑張るかっ」

 

 

CMの後は、原作者久◯雅之が公園訪問!

キングスマン: ゴールデン・サークルを見てから読め(つまりネタバレ前提の記事)

はい、こんばんは。
みんなね、言いたいことは一つでしょう。
僕もこれだけは言いたい。
準備はいいですか。
せーの

 


「伯邑考……………」

 

 

ね。思うよね。もはや伝統文化だよね。封神演義最後まで読めてないんだよ。猫カフェで読む。うん。うしおととらからくりサーカスも読みたい。


と言うわけで見てきましたキングスマン: ゴールデン・サークル

王様の謝罪キング、すまんっていうのが思いついたので飲み会とかで使ってください。僕は一切責任を負いません。


この映画は個人的最高映画だ。2018年MVP決まったんじゃないのマジで…

前作を劇場で見たのが最後だったので少しばかり覚えてるかな?という不安はありましたが大丈夫だった。

とはいえ前作必見だよねこれ、エモさの度合いが違うよね。

うろ覚えだったせいで序盤
エグジー彼女できたんかい!てかいたっけあんなやつ!!誰だっけ!!

ああああああああてめえアナル王女おおおお!!!
ってなった人。僕です。

 

そういえばキングスマン(タイトルじゃなくて組織の方の)ってコードネームが円卓だったんだよね。ぼく忘れてた。

ゴールデンサークルまでの数年間のうちに にFGOを始めていたぼくは「ガラハッド…マーリン…わかるほんとそれ…」となった。6章までいってくれ。

そこからのアメリカで「ウイスキー」になる絶妙な酒コードネームのダサさも良かった。

 

なにしろ、なにしろ、なにしろ。キングスマンの良さってあの王道たる誰しもが夢見た「秘密結社っぽさ」、そして「強すぎない所」だと思うんです。

だって、だってさ?俺もやってみたいもん。ボタン押したら壁がグルーンなって武器とかアーマーとか出てきてほしいもん。なにあの気づかなさ、好き。MIBで憧れ倒した。
友達が部屋開けてまさしくそんなリアクションするシーンもあるじゃない。

ほらあの死んだ子。(名前忘れた)
そうなるよね。そういうリアクションになるよね。

エグジーも鍵閉めろよ。友達信頼しすぎなとこ好き。ピュア。良い。

 

そしてその後、アメリカ版ひみつ道具コンテストが控えてるんですよ。🇺🇸🇺🇸🇺🇸
まずはコンドーム指にはめるやつ。

口説いてからの流れ

公共の場で話せる程度にオブラートに包んだジョーク。もうおじさんグッときた。。
ジョークといえばtinderネタも経験者(出会い系の記事参照)的にウケた。

発信器エッッチだっったぁ〜!!!!!
ありとあらゆる性癖があの仕掛ける数秒でぶちまけられた。
あの肉感の色づきは一切妥協してない。全男性に見てほしい。

そして本作品のクッソ魅力ポイント「装備アイテム」について。

スウツケェエスうううわああかっけええええ。
ブラックラグーンだっけ。攻殻だっけ。あったよね。
「ここにきて新アイテム…一体なにが入ってるんだろう…」のワクワクを最大限高めてからの「なにも入って無いんかーい!!!!そのものが武器かーい!!!!かっこいーー!ー!!!!!!」ってパターンのスーツケース。
僕あれ大好き。デビルメイクライ4でダンテの使ってたパンドラもそんな感じだった。箱そのもの。ああ良い。
しかもさ、それだけじゃないじゃん。

「いや盾なるんかーい!!!!!!かっけえーーー!!!!」
さらなる武器ギミックで僕らの心を鷲掴んでそのまま箱の中身も見せつけるダブルトラップ。もう僕の心は晴れやかだ。せせらぎの水を飲む小鳥のように爽やかだ。
しかも盾モード見た??ペラッペラ。しなるの。移動に合わせて。揺れるの。ペラッペラだから。スーツケースから無理矢理こうしたんだなっていう現実的な頑張りがあの薄さから伝わる。もう泣いちゃう。開発者に7億あげたい。

この作品のなにが良いってチート要素がほぼ無い所なのよ。特に武器。
何ですかあのウイスキーの電撃投げ縄って。だっせぇ。でもめちゃくちゃ格好良い。だって投げ縄だよ?縄じゃん…ただ縄じゃん…
しかも縄出せる→電気纏える…
いやもうテクノロジーその域なら電撃撃てるじゃん。

でも撃たない。縄。そして現代に不釣り合いな帽子。地味に治療キット。推せる。
病欠若者冷凍保存マンの武器覚えてる?
旧世代のライフル。

どうせね、どうせ何かしらのハイテクを備えてるんだけど、

逆に浮くよ?

カモフラージュのつもりかもだけどその古い銃とあからさまなカウボーイ余計に浮くよ?

でもそこが良いんだよね。知ってる。


個人的にキングスマンは強さよりもロマンを取った作品だと思ってる。

なんでもありの秘密結社だったら地雷なんてひょいひょいでしょ。

スプレー使っても一瞬しか止められないなんてことないでしょ。

マーリン爆散しないでしょ…

マーリン……


比較するのは良くないけど、例えばこれがmarvel作品なら

アイアンマンは磁力かなんかで地雷全部浮かせて吹っ飛ばすだろうし。

なんならポニー規模のアジトなら空爆でボガーンっすよ。たぶん。
でもそれをしない。多分これからもしない。しないでくれぇ…

常にハラハラさせられた。

誰がまともで誰が裏切るのか本当に読めなかった。

結局予想通りなんだけどギリギリまで手に汗握らせる。

アジト爆破直後のマーリン見た?スッゲェ怪しいじゃん。

自爆直前のマーリンは?怪しさそのものじゃん。

マーリン……

続編で生きてて裏切ってたはやめてね...

 

ハリーもいい具合に弱かった。
恒例のセルフオマージュことマナーのくだり。

鳥肌もんですよ。
おお…待ちに待った………あーダメだったぁぁあ!!!

いいよいいよ仕方ない。病み上がりだもんね。かわいい。
ちゃっかり席に戻る落ち着きっぷりも好き。かわいい。

あのシーンのザコも王道たる王道で一周回って愛情すら芽生えるザコ。プロのザコ雇ってるよあれは。
あそこで投げ縄の魅力全開だったしなぁ…縄しまえるんだ!

からの後半で「電気纏えるの!?」

ですよ…ただで転んで3度起き上がらせられた…
ウイスキーはいいい悪にも善にもできるキャラだよなぁ…
ウイスキーさんのガンアクションすっっっき。
あえてリボルバー、あえて2丁。指くるくる全方位射撃とか夢見ない男いないよね!?いないよね!?
今思えばあいつ裏切り者ではあるけど内通者ではなかったんだよな…てことはお互い本気でのあれなんだよなと思うとまた感慨深いですね….エゥッ..グスッ….

 

そこからのハリーの怪しさ!

ちょうちょ!ちょうちょ見えてんじゃん!

モニター見るのすらしんどくなってたちょうちょ!

そこで見えてなんで動じないの!

てか敵撃ってきてるんだよ!?

なんで突っ立ってんの!?伏せて!?

その壁!木じゃん!貫通するよ!

横の壁見て!貫通してるよ!木だもん!するよ!危ない!

てか外した麻酔針ちゃんと回収した!?


もう孫を案ずる実家のおばあちゃん並みに心配してしまった。

おっちょこちょいエリートおじとか性癖ビルドストライクガンダムですよ。ええ。僕もなに言ってんのかよくわかんない。

エグジーもそこでワクチン出したら危ないよ?→ほら言ったじゃんあーあ。となるポンコツ感。成長してもやっぱバカだああ愛しい。

 

あと絶対色物枠だと思ってたエルトンジョンがしっかり活躍したのは面白かった。
字幕で見たんですがロボ犬の「friend」を「お友達」と訳したところすっごい好き。「友人」とかだとああロボ。って感じだけどお友達だからこそポニーの細部まで渡るユーモアが見える。

えっと、エルトンジョンのことですね。最後予想外なまでにハッスルしてて笑った。倒せんじゃん。

ポニーもエルトンのフレンド解除遅くていい人。ヘロイン打ったらちゃんと解除パス教えてくれたしいい人。
思えばポニーも人間殺す!が目標じゃなかったからなぁー。ある意味ではピュアと言えるのか。

登場時のキャラを保ったまま死ねるのはこのご時世すごい貴重なことなのでは。とポニーを見て思った僕でした。
エルトンジョンはもういっか。
あ、義手男くん。
前作忘れた人でも思い出せる配慮でとてもわかりやすかった。次は飛び道具つけてもらおうね(腕そのものじゃなく)。

 

いやー。武器って。良いですね。

 

ということでみんなキングスマン: ゴールデン・サークルを見ようね!

もう見た人!どっかで語ろ!!!

忠告を聞かず先にこの記事読んじゃった人!ばあああああか!!!!

20171130夜、ギジレン歌劇団(加筆修正)

混沌だった。

 

全公演終了したらしいのでネタバレ解禁の感想を。

 

混沌だった。

 

 

 この舞台、たぶんやばいと思う点がいくつもあった。

チケットを交換して会場に入る。

入場と同時に目がいったのは

舞台上に立つハゲと青年とジジイ。

ジジイが中心となって舞台上で諸注意とも雑談とも思えることを果てしなく喋っている。

後々知ったのだがこのジジイこそがギジレン主催の方であった。

だがその事実を知らない僕は目の前のジジイをイカれた水戸黄門として扱っていた。

 

イカれた水戸黄門率いる劇団。やばいと思った。やばかった。

 

(※捕捉、ジジイは付け髭等で露骨にジジイっぽくしているだけで、実際は金子ノブアキ系のイケメンでした。本当にジジイだったらジジイ呼ばわりためらうよ。)

 

そして周辺にお手洗いが見当たらなかったので僕は近くのスタッフにトイレの位置を聞いた。

するとスタッフは舞台上のハゲを指さし「あのハゲの右後ろです。」と丁寧に教えてくれたのだ。

ハゲをモニュメントとして扱う舞台。そりゃやばいよ。

 

会場は自由席でまだ客席も空いていたため上手側3列目の一番右へ。

やけに上手1、2列目の席が埋まっていて不思議に思った。

と思ったらその最前列にどんがいた。

 

どん。もうこのブログの読者に説明はいるまい。

ほりきりのブログなのに全記事内容の4割くらいを占めている気がするこの名前。

奴は2列目の関係者?と思わしき人らと話していたため後ろを向いていた。

そのため僕は着席前にそいつと目があった。あってしまった。

お互いあっという顔をした後「はじめまして!どちらから来られたんですか?」と聞かれたのでアッもう役なんだと思った神奈川県民のぼくは咄嗟に「品川です」と微妙な嘘をついた。僕は品川になんの思い入れがあったのだろうか。

あっ、そういえば品川で僕に焼肉おごってくれたしのくん、元気にしてるかなぁ。

 

それと同時にこいつの誕生日プレゼントに買ってきたメルティキッスの袋完全に見られたやんけーというサプライズ大好きおじさんとして致命的な失態であった。悲しみに暮れつつも舞台が開演する。

 

それほど高低差を感じないステージと背景にでかでかと掲げられた「ギジレン村へようこそ!」の文字。

 

ここで僕は大きな勘違いをしていたことに気づく。

 

いやジジイの正体に気づくのはもっと後のことだ。そこじゃない。

 

 

舞台と言えば登場人物総出演のOP、

この舞台のOPに合わせ最前列に(まだ)座ってたどん達も立ち上がった。

 

 

 

そう、どん達

 

 

 

 

僕が関係者と思っていた上手全列の集団。

こいつら全員関係者じゃない。キャストだ。

 

 

僕の前に座っていた集団がジャンプで席を飛び越えていく。

僕はその光景に肝を抜かれると同時に実質最前列となってしまった。

小恥ずかしいのとリアクション薄い人間なのであえて避けてきた最前列にまさかこんな形でなろうとは。

僕が膝上に置いたメルティキッスが丸見えの事実はもう考えないことにした。

 

 

舞台の印象は

 

❶ギジレン村を活気付けよう!

歌劇団作ろうぜ!

❸ぼくのかんがえたさいきょうのかげきだん

 

というイメージだ。

割合でいうと3が全体の98%である。

 

 

様々なストーリーをオムニバス形式で展開していくのだが、

細部までは情報量がある意味多すぎるので僕個人のお気に入りをピックアップして書く。

だがごめん登場人物の名前も各話のタイトルは全然覚えていないので

僕の独断極まりない勝手なあだ名とタイトルで書く。

 

 

1、厨二病全開ふんどし魔人

V系だべ!」みたいな話から生まれ出たストーリー、珍しくかっこいいマントのモデル体型な青年が来たと思ったらあっという間に服が割かれた。その破かれ具合ときたら桃太郎の誕生を彷彿とさせる。

そして割かれた服と共に顔を出す赤ふんどし、

話の内容的に裕福な家庭に生まれたけどなんやかんやで荒れちゃったふんどしマンが悪魔と契約して荒れてたのをジジイが右腕のサイコガンぶっ殺す話だった。

 

そして僕の印象深かったシーンはこのふんどしマンの回想シーン

ロリふんどしを演じるのは、モデル体型とは似ても似つかぬジャイアンボディ。例によって赤ふんどし一丁である。心なしかふんどしのガード率も少し危なげだ。

またこのノリふんどしが綺麗に舞い踊ること

それはもう彫刻の天使のよう。

僕には彼の背に羽と手にラッパが見えた。

あの赤ふんどしの舞いはこの舞台を通して一番下品で一番上品だった。

 

 

2、チーム学生

どんもいたので自然と注目する話だったのが、

この話で特に魅力的だったのはカウントダウンTVみたいなオタク。

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20171204004450j:plain

真ん中のこいつ。

このオタク、実際に聞いてほしかったとしか表現できないのが悔しいがオタクにオタクを乗せた上にペースト状のオタクを塗りつけた上に粉末状のオタクをまぶして最後にすりおろしたオタクを添えたようなオタクヴォイスで話すのだ。

彼の第一声は絶対笑う。しかも恐ろしいことにだんだん慣れて自然なものと受け取ってしまう。

 

話の内容もスクールカーストを強調しつつも否定的な要素はぜんぜん無く、むしろ愛されるオタクのあり方を証明してくれた気がする。どん含め学生組は「こういう奴、クラスに一人はいた(笑)」というリアリティを出せててとてもよかった。

個人的に好きなのはオタクの友達の三代目とか好きだけど今ひとつイケてないごつ男。

悪態のつきっぷりやスニーカーのダサさがなんとも絶妙かつ最後をもってく一番おいしいキャラに見えた。

 

 

3、どん家vsネコ

どんの持ち曲?があると目次的なのに書かれていたので最初から注目していたエピソード。

僕の見た回はたまたまどんのドルオタ時代の友人が多かったらしいのだが、それも相まってなのかステージ上で歌い踊るどんが地下アイドルの様に見えた。実際に活動してたら運営の金持ち逃げして脱退とかすんのかなーとか考えていた。この時点でだいぶ思考能力が低下していたことがわかる。

この時のみくにちゃんがエロかったのと、どんの変態っぷりは演技じゃない2点は確実に保証する。

出番が終わって席(忘れてるかもしれないが僕の前らへんゾーン)に戻ったどんが脇目も振らず2リットルの水をがぶ飲みしてるのを見て大変そうだなぁと同時に女捨ててるなぁと思った。全身全霊だったのがとてつもなく伝わる瞬間だった。

 

あとこの場面はガヤの赤ふん天使ぽっちゃりんと万年ブルマスーパーマンがいい味出していた。お茶の間には少々気まずいシーンでも彼らがいることで笑いやすくなっていたと思う。あのブルマいつ着替えるのか気になってたがとうとう最後までブルマだった。逆にいつからブルマだったっけ。あれ。

 

 

4、大団円・無限スパンキング帝国華撃団

舞台もいよいよクライマックス、演者が全員舞台へ上がり一斉に行進し始める。僕の目が確かなら、女性キャストは全員スリッパを構えている。

僕はこの辺から笑うことすら忘れ口と目を見開くことしかできなかった。

檄!帝国華撃団!!」の曲に合わせ、男性キャストが一歩前に出て前傾姿勢になる。女性キャストは一歩後ろに引き下がり、突き出た男性キャストのケツに手を添え、スリッパを振り上げる。そして怒涛のサビに突入する。

 

パァン!!パァン!!

サビに合わせ砲撃のように轟くスリッパ。

その音色は漢たちの覚悟の叫び。(パァン!!!パァン!!!!)

 

走れ!(ン!!!)高速の!(パァン!!!!)帝国華撃団(パァン!!!パァン!!!!)

 

客席から見える漢達の汗みずくの額、メガネも落とした彼らは最後の陣形を描く。

 

キャストが二つの円を舞台上に作り上げる。メビウスの輪にも似たそれの中心に一人の、いや一つのケツがそびえ立つ。

パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!パァン!!!!

一つのケツ目掛け数多のスリッパが咆哮をあげる。

僕はその光景が一つの星へ集まりゆく流星群のように見えた。

ラストはギジレンの危機を救うため宇宙へ飛び立つシーンで幕を閉じる。

 

ビッグバン。宇宙の神秘。この舞台はバカを極めた哲学。そう思った。

興奮のあまり僕は手元のメルティキッスの箱を思いっきし開けていた。

中古のメルティキッスはそのまま奴への誕生日プレゼントにした。

 

この舞台には帝国華撃団を含め色々と小ネタがあったみたいなのだが無知ゆえ気づける点が少なかった。だが気づけずとも終始笑わせてもらった。

僕は聴いたことがなかったので今この記事を書きながら帝国華撃団を聴いているのだが、

曲中で謎のスリッパ破裂音が脳内補完されるようになってしまった。

どんが誕生日でなければこの劇団を訴えるところだった。

 

次は酒飲んでから鑑賞したいギジレン歌劇団、面白かったです!!!!!!!

 

 

ほりきりの誕生日は1/29、きゃりーぱみゅぱみゅと同じ日と覚えよう

大学で(本当に)勘違いされる事があるのでここで明言する。

 

僕とどんは付き合っていない。

いや僕の知り合い8〜9割は周知の事実なんだけど。

すっごい友達ではあるけど。一方的には親友と思ってるけど。


まあ原因は勘違い野郎にそう聞かれた際にまんざらでもない反応を返す僕が9割いけないんだけど。(1割は大学内で急にSNOW自撮り2ショを撮り始めるどん。その時ぼくは勿論まんざらでもない顔つき。)


僕はまんざらでもない反応をするが彼女は本当にうぇえって顔をするのでやめよう。

あと芸能活動してる彼女に悪い噂は立ってほしくない。という僕なりの思いやりでもある。

 


まぁ周りに誤解を招く程度には大学で彼女と一緒にいるのは事実だ。

 

思えば先日、どんわしその他共通の知人たちでDハロに行ったのだが、

僕はマッドハッターで彼女がアリスだった。

いやすっごいあからさまじゃん。誤解まっしぐらじゃんと僕はずっと思っていたがまんざらでもないので黙っていた。

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20171130234714j:plain

 ↑Dハロ時の1枚。どう見ても僕がケツを触って盗撮しようとしている。

 

 

 

 

 

でもな、それでも違うんだ。

 

大学だから、いや大学だからこそか。

 

 

 

お互い友達が少ないだけんだ。

 

 

 

まぁたしかに他の知人と違って大学とオタクどっちの話もできるから気楽だっていうのはあるけどな、

 

もう一回言うぞ

 

 

 

お互い友達が少ないだけなんだ。

 

 

 

僕も入学当初は「俺はこの学校の生徒全員と友達になる男だ!」と息巻いていたんだが、結果的に再演不可能なくらい友達がいなくなってしまった。

気分はまるで福士蒼汰である。(この意味がわからないキミは仮面ライダーフォーゼを見よう)

 

ここまで書いても「またまた〜」とおっしゃるお前。

お前は少し鬱陶しい奴だ。

お前は福士蒼汰ですら友達になりたくないと思う終わった人格の持ち主だがそれでも気持ちは少しわかる。

 そんな貴様のためにここで追い討ちをかけよう。

 

きみの彼氏彼女、

ガールフレンドボーイフレンドは

 きみに出合い系サイトを勧めるか?


その次にハプニングバーを勧めるか?(伏線回収の音)


きみの誕生日プレゼントとして母乳系AVをチョイスするか?せめて放尿モノにしてくれ。

礼儀として次の日観たけどさ。

↓↓↓(白字閲覧注意)↓↓↓
料理中にはダメだって。

隠し味じゃないんだよ。

俺もうビーフシチュー食べられないよ。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

所変わって僕がアメリカに旅行した際。

彼女への報復お土産にプレゼントを買った。

 

アメリカクオリティの

 

ド派手な

 

 

パンティ。

 

 


茄子くらい紫色のパンティ。

 

 


僕は彼女の反応にワクワクしながらプレゼントを渡した。

嬉しげに包みを開き、中身を除く彼女。

どん引かれてしまった。(どんだけに)

あの時の僕は異常だった。

 

だがこれで縁が切れていないのも僕らの仲が良い証拠と言えよう。

本人のプライバシーに関わるので誰とは書かないが「誕生日にひたすら私を褒め称えるブログを書いて」とかいう横暴の極みのような注文を受け付けざるをえない友達が僕にはいる。今その記事を書いているところだ。

公言しているがどんは親兄弟の次に信頼できる人物だ。

ちなみに僕は一人っ子なので実質3位だ。

酔っ払うと「おい見とけぇ、3日以内に全部の偉人の写真ゲロまみれにしてやらぁ」とか言い出す父はランキングから除外されるため、父が酔っ払っている場合に限りこの世で2番目に信頼できる。

 

文章で褒めるのも面倒臭い恥ずかしいので箇条書きにしよう

・顔が良い

・ルックスが整っている

・うーん

・顔?

以上d

いやまあ顔は大事だけど考え方が似てるんだと思う。

戸田真琴の魅力はあのデビュー当初の垢抜けなさこそが最高だったという意見をまさか女子と共有するとは思ってもなかった。

 

あとは自身のメンヘラに自覚があってなおかつそれを改善や昇華させようとする姿勢でしょうか。(書き方が偉そうで自分でもイラッとするので後日書き換えるかも)

彼女は演劇で、僕は趣味でそれを売りにしている気がする。

正直なところ僕も演技は興味あるしなんなら以前大学で役者目指そうかと思ったけれど

ダンス超嫌いということに気づいた。ダンスやらされるなら演劇は無理だ。その点彼女はすごい。ダンスが踊れる。

 

・ダンスが踊れる

 

以上5点が彼女の良さだ。

 

まだ知りあって小1年といったところだが、彼女による影響は大きい。

どんがいなければ僕は出会い系もハプバーも行かなかったろうし、なんならこのブログの存在すら無かったかもしれない。あと学校でまんざらでもない振る舞いができる点は非常に大きい強みだ。

 

去年、リア垢に突如見覚えある絵柄のアイコン(今なお使ってるやつが流れてきたときに全て始まった。

初対面後Twitterで「緊張しすぎて顔覚えてない」というボディブローからのスカイアッパーみたいなリプが飛んできてもう小一年だよ。早いもんだ。

 

改めてここに宣言するが僕は彼女に対して恋愛感情など全くない。だが愛情はある。

愛情というとそれこそ誤解されかねないが、お父さん目線と思ってもらえば分かりやすい。パパ活を想像した人、くたばれ。 

彼女が「ほりきりくんとかと知りあってから学校やめたいとか思わなくなった」と聞かされたときは心の底からこの子ええ子やと思った。とかと僕のパーセンテージについての話はよそう。

 

そして本日11/30は渦中の人物アスミ・ドンコ・マミの誕生日であった。

僕がプレゼントを選んでる最中「パンツ持ってきたら殺す」と連絡がきた。

僕は即座に目の前の下着コーナーから移動した。

悩みに悩んだ末、僕は現金を直接渡した。

その額なんと15000ベル。学生には大金だ。

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20171201010220j:plain

 15000ベルで3000ベルを買った記念すべきスクショ

 

 

「ぜがいでいぢばんじあわぜだぁ」と話す奴は今日もいきいきしていた。めでたしめでたし。

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20171201011039j:plain

妖怪まんざらイキリメガネと家なき首領。

 

 

 

 

 

 

あっ舞台の感想忘れた。