大切なお知らせ

常日頃ほりきりを応援いただきありがとうございます。弊社所属のほりきりですが、本日9/19にハプニングバーへ初入店してきました。本来ならほりきりの童貞はここで卒業となる予定でしたが、本人の意思を尊重し、今後も活動を続けることとなりました。変わらぬ応援の程宜しくお願い申し上げます。

株式会社ほりきり
代表取締役社長 ほりきり

 

 

 

 


以下本人コメント

 

 

 

 

 

 


何っっっっっつも起きなかった。

ハプニング無かった。

 

 

 

ちなみにハプニングバー(以下ハプバー)がわからない人にざっくり説明すると

♂客同士♀ハプニングできるバーです。察せ。

始発待ちの暇つぶしを兼ねて本日の経緯を書く。

 

 

 

 

 

 

 

まず始めにこのツイートをご覧いただきたい。

 

 

 

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20170920003722j:plain

 

 

極端な話、これが僕の決意を固めたと言っていい。

 

確か飲みの席で冗談半分に言っていた記憶はあるが、

こうはっきりと書かれてしまえば逃げる手段も浮かばない。

 

 

もちろんこれで行かなくとも僕を責める人間はきっといないだろう。

いたらちょっと面白い。


だがハプバーに興味があったのもまた事実。

きっといつ行くか決めなければ興味のあるまま行かず終いとなってしまうだろう。

そう思い悩んでいた際にTLに飛び込んできた宣言。

 

 

 


ここだ。そう思った。

 

 

 

 

昔聞いた話だが、

若者は金だけ無く

社会人は時間だけ無く

老後は行動力だけ無いらしい。

つまり金を惜しみなく使える若者は最強無敵☆粉砕玉砕大喝采☆というわけだ。

こう考えた僕は、さっそく目当てのハプバーを探すことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここから入店に至るまでの経緯を話そう。正直ここが1番しんどかった。

 

 

まず17時、

大学を終えた僕はその足で浅草へと向かう。

ハプバーにしてはやたら安い店があるとの噂を聞いたからである。浮

かれた足で向かう僕は、改めて店のホームページを眺めた。

 

 

 

「入店の際は、身分証明として保険証を確認させていただきます。」

 

 

 


保険証…

 

 

 


 

 

 


.…

 

 

 

 


家だ。

 

 

 

 

よしここはやめよう。

まさか免許証のみでは不可と思わなかった。


この店に向かうのは無駄だと考えを改める。


思えばここが失敗のスタートであった。

 

 

 

 

ハプバーは店によって内容もコンセプトも大きく変わるとネットに書かれていたので、それを鵜呑みにした僕はハプバー激戦区こと上野に向かった。徒歩で。

 

浅草から上野は徒歩でも片道約30分とそこまで遠くない。散歩好きということもあり難なく辿り着いた。

 

 

時刻は18時半。店の前に辿り着いた。

僕はなんともいえない高揚感で扉の前に立ち尽くす。

万一に備えて荷物は駅のロッカーにぶちこんだ。

大丈夫だと自分を鼓舞しつつインターホンを押す。

 

少々お待ちくださいの声とともに扉が開く。

自分の少し年上であろうバーテンダーが「初めてですか?」と問いかける。

僕はあっあっハイそうですとクールに答え、そのまま歩みを進める。

アッそこは靴を脱いでから上がってくださいと止められた。1アウト1ストライク。

 


僕が靴に気を取られている間にバーテンの男性はこのような事を口にする。

 


「あと30分で昼の部が終わりますがよろしいですか?

また身分証明書2種類の提示が必要です」

 

 

おや?どちらも聞き覚えのないフレーズだ。
後々わかったがこの店は昼の部夜の部と別れており、

忠告が無ければ30分いるだけで通常の2倍値段がかかっていた。教えてくれて助かった。

 

 


それはともかく身分証明書。

生憎だが手持ちは免許証とTポイントカードだ。

Tポイントで身分証明ができたらとこれほど神に祈ったことは多分これまでもこれからも無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然帰路に着いた。

思えば悲しい旅だった。

浅草を散歩し、

ロッカーに荷物をぶちこみ、

ロッカーから荷物を回収し、

帰る。

 

 


僕もそうだが荷物もなかなか不憫なことだ。

ロッカーの使用時間は4分だった。

止むを得ず帰宅した僕。
時刻は20時頃。

 

 


ここまでくると意地でも今日中にハプニングしてやろうと反骨心すら湧いてきた。

 

 

 

 

21時、僕は家を飛び出した。

 

 

 

 

財布の中にははっきりと個人情報が刻まれた保険証を潜めてきた。
僕は趣向を変えて他の店を探すことにした。初めてならどこに行っても変わりはない。あとさっき痴態を晒した店舗へ戻るのはちょっと恥ずかしい。
そう思い上野よりも自宅に近い店を調べた。

 

 

22時半。

新たな店へとたどり着く。
ビルの上階にその店はあり、

下で話しかけてくれたキャッチにも案内人にも見てとれる男が

建物内の店の位置を教えてくれた。


インターホンを押す。先ほどの肩透かしのせいか指が軽い。

反応が無い。

 


1度、2度、3度、インターホンを押す。
…反応が無い。

 


インターホンの押し方が合言葉になってるのかとも思い適当に7連打してみる。だが反応は無い。


すると事前にハプバーに行く事を伝えていた知人から連絡があり僕は知る。


「本日貸切」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あああああああああああうあああああああああくそがああああああああがあああああああだあらおるあああああああああばああああああああかかくそがくっっっっつそがあああああああああああああああああああばかがあほうわあああくっそがあああうわああああああああああ

考えても見てほしい。童貞だから人権が無いのはわかる。

だがハプバーに入るためだけに5時間半を費やす若者の気持ちが君にわかるだろうか。せめて入ってから困らせてくれ。

そして考えてみるとだいたい下調べしてない自分が悪いという結果に落ち着き

なお暴れた。爆竜戦隊アバレンジャーのOP歌詞「暴れた数だけ優しくなれる」を信じ一心不乱に暴れた。

紆余曲折あり結局僕は止むを得ず最初の上野のハプバーに向かうことにした。

23時半、

数時間前に見た扉の前に僕は再び立ち尽くすことは無かった。

若干残るイライラのせいかCP9の指銃よろしくインターホンをぶっ突いた。

そして例のごとく扉が開く。
今度は女性の店員だ。
ご来店されたことはありますかの問いに僕はアッははじめてですとスタイリッシュに答えた。こうして一通りの手続きを終え。ついに人生初のハプバーへと足を踏み入れたのである。

店に入るまで実に6時間半の長い道のりだった。

 


店内の内装は思ったより上品で、20〜30代の男女がちらほら見えたがいずれも服はしっかり着ている。

前に見たハプバーレポでは入店と同時に

パンイチ尻太鼓の光景を見せつけられたと書かれていたため、

その常識っぷりに安心し、少し落胆した。

店内には18時半に会った男のバーテンもおり、先ほどの女バーテンと、近くにいたまともな前歯が一本しか無いハンプティ・ダンプティのような顔の女性らしいものと4人で店について聞いたりしていた。

f:id:xaxfcgsvybfnkubhbf:20170920010227j:plain

 

 

途中で来た男性客と

普段の客層や他の店などについて伺ってるあたりで、とある事に気付く。

 

 

 

寝てる人、多くね…?

 

 

時刻は深夜1時過ぎだろうか。

店内の客は自分含め7.8人になっており、

男女比は半々程度だがどこもペアが出来上がっていた。

 


そう。僕とこの男性客、完全に出遅れたのだ。
ハンプティはダンプティだし確実に避けたかった。

男性客と時間をつぶしつつ、1人また1人と寝ていくフロアを眺める。

 

寝てる人を前に話術の良し悪しなんて関係ない。

平等に無力だ。

連休最終日に来たのは失敗だった。

 

男性客以外の話し相手を失った僕は男同士で性癖について話し合った。

彼はどうやら非ロリのパイパンが好きらしい。

 

ロリ系だと罪悪感が湧くから嫌とかなんとか。

 

そうこうしてたら自分たちにも眠気が…


ふと気がつけば4時。爆音でかけられるジブリのREMIXをBGMにしつつ目がさめる

客はほぼ帰っていた。そして退店時間となって今に至る。

 

 

 


僕の行ったハプバーはどちらかと言うと平和な方で

僕の求めるタイプの人は、わかりやすく言えばビッチは

渋谷とか歌舞伎町の店舗にいるらしい。

需要のある顔と童貞と言われたので、次は勧められた平日昼間に行ってみよう。いやもういいか。

 

何事も下調べは大切ですね。痛感しました。

 

卒業してたら生々しくも気持ち悪いレポートになっただろうけど、それを防いだのは僕自身のプロ意識なのだろうか。とりあえずまだしばらく童貞続けます。

 


おやすみなさい、まだ寝ないけど。

広告を非表示にする

(ごるふぁー注意)昨日更新しようとしたら寝てたので今投稿

友達の勧めで出会い系サイトに登録しました。僕です。

 

そうですね、今日は努力の差でも書きましょうか。
なんとかは99%の努力と1%の才能であるってエジソンの言葉がありますよね。

 

 

たまに通ぶった連中が「アレ結局はいくら努力しても1%の才能が無きゃダメって意味なんだよ〜」とかほざかれますが知るか。とっっても知るか。

 

僕からすれば99%も努力できればそれは完全な才能だと思うんです。努力できる才能。

 

 

僕は飽き性かつ色々なものに手を出したいたちなので、1つのものにずっと打ち込める人は僕からすれば異次元の存在だし内容によっては尊敬までする。もし1%才能があろうと、あとの99%を埋められるかどうかも才能だ。極論を言えば才能100%と思います。


ただ才能100%の項目はそれぞれで、素敵なことにカテゴリごとに%を振り直せる。
例えば振りコピの才能を持ったラッパー見習いはオタ芸の才能が0だし、それは他の人や他の物事でも言えるでしょう。料理を始めたから才能に気づけたし、イカを始めたから才能が無いことに気付けた。

 

才能が無くても99%も努力できればそれは十分才能に匹敵するし、その姿勢を小馬鹿にする通ぶった連中はみんなNOヘイトデモの連中に絡まれればいいんだ。

 

 


マザ[コンプラ]
ニプル[コンプラ]
ごる[コンプラ]

友蔵
   心の一句

ぼくさまの社交辞令

ボク様って一人称、白猫のアレキサンダーってショタ王子が使ってて妙に気に入ってしまった。こいつ以外に使ってるの見たことねえ。

 

 

 

 

最近こっそり気分の浮き沈みしていたボク様でしたが今はすこぶる上機嫌です。

落ち込む様子が見れなくて残念だったな雑魚ども。

このように性格思考がひねくれねじきれこときれる寸前みたいな性格の僕ですが、

こう見えて実はこっそり他人を思いやる優しい素晴らしいよくできた性格の気の利く子なのです。

 

 

その証拠に僕と仲の良い人はきまって「本当は良いやつなのにね。」と僕に言い、
そして僕はそれに食い気味に激っっしく賛同し、「そういうとこだよ」と株を落とす。

このやりとりを何年繰り返している事か。

 

 

めんどくさい性格についての自覚の有無は天と地を分ける大事なポイントだが、僕のように自覚があって改善できない(もしくはしない)人だってそこそこいるよ。多分。

 

 

 

 

 

 

そんな自覚停滞マンの僕が最近気づいたことがある。

 

 

 

 

 

 

僕は初対面の印象があまりに良すぎるのだ。

 

 

 

 

この場合の初対面とは、関わるのに抵抗の無い距離での初対面。

言うなればバイト初日のとりあえず全員に挨拶するようなあの初対面だ。

 

 

そして良すぎるという点について。

これは文字通り。だがこれがまずい

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ印象が良くてまずいのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

説明するまでもない!!

 

 

 

 

 

本性が!

 

 

 

 

性根が!

 

 

 

 

腐りきってるのが後々バレるからだよ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕自身この性格を隠すつもりはないし直すつもりもない。

だが初対面で自分が放尿とワキとおねショタが好きなカントン包茎童貞だなんて話せないだろ。常識に欠けるのレベルじゃないだろ。下手したら事案だよ。下手しなくてもクソだよ。

 

まあこのブログを見てる人の9割は僕のフォロワーもしくはゴルファーだと思うので、もともとこういう奴だというのは重々承知のことだろう。

 

だが初対面!

 

知るわけねぇ!!

お互いの・・・Twitterなんて!!

 

働けるかッ!!こんな・・・こんな状況で・・・

 

できるわけがない・・・・無礼ッッッ!!!

 

 

 

思わず福本伸行のような語り口調にもなってしまう。

そう、僕の性格は初対面の人にはあまりにもドギツいのだ。

 

そして今一度思い出してほしい。僕は性格はどうあれ自覚常識がある。

 

 

 

 

そんな奴だ。初対面の人に対すれば当然のごとくあたりさわりなく振舞う。

 

そのぎこちなさはまさしく童貞のそれだが、他の言動はどれも相手の気分を害しかねない。童貞が童貞らしく振舞うことこそが、僕のできる精一杯の社交性だ。

 

 

 

なのでこれは自慢だが

 

僕と本当に初対面(お互いSNSも知らないぐらい)の人で、僕に対して不快感を覚えた人はほぼいないと思う。

 

 

 

ただ一人だけ、フルパワーで眼鏡を扱う女は本当に初対面だったときに「まあいいや」と思って「いぇーい」つってハイタッチで始めての挨拶を終わらせた。あれほど失礼なパターンは多分今後一切やらないことだろう。まあいいしまあいいよな。

 

 

 

 

だが初対面の人と複数回関わる場合、ここに避けられない悲しさが詰まってる。

 

 

第一印象のイメージが崩れる。

 

 

これの何が嫌って

「本当はこういう人だったんだ・・・」って思われること。

 

 

違ぇよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

あんたの最初が異常だっただけで

元々の性格がこれだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

ということです。わかってもらえたでしょうか。

 

 

 

 

その後はふつうに仲良くなったり、こっそり視界から消えてしまうかのどちらかですが、

 

 

面倒くさい性格してるけど本当はいい奴」を知ってる人が少なすぎるんだよ!!!!いいとこ布教しろよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 童貞が思い描く神秘的な出会いをよこせ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

ボク様を知りたければTwitterが全部だよ。というわけで今回は「頭の中で持ち上げて落とすな底からゆっくり引き上げろ」のお話でした〜バイバ〜イ

 

広告を非表示にする

方言女子って素晴らしいですよね。

 

方言ってそれ自体がとんでもない破壊力ということではなくて、
方言を指摘されて怒る様や恥ずかしがる様などの
方言を使うことでリアクションが発生しやすい事こそが魅力の補正に繋がっていると思うんですよ。
わしもエセ広島弁でも使うていこうかのう。

 

ってマクロス△を見てて思いました。
美少女に生まれ変わってハイナハイナ言いたい。

ウszyhmhvydgdnhhb iuh

戸田真琴さんのコラムに触発されてまたブログを書きたくなった気分です。

芸能界にも同年代が目立ってきて老いを感じる日々ですね。

負けてられんぞの精神を持って生きていきたいそんな昼。

タイトルは思いつかなかったのでキーボードをガチャガチャしました。

 

 

前回に引き続き言葉について書く。

僕はこう見えて言葉使いには気を使っている方だ。こう見えて。
僕に近しい人物なら嘘つけと思うかもしれないが、他所向けの姿を見てほしい。極力失礼のないように、相手に不快な思いをさせないように尽力しているはずだ。これは人見知りとも言う。


そんな僕だが特に気をつけるワードが1つある。

 

 


お前

 

 


だ。
これを使うのは少し覚悟がいる。
初対面の相手に使うのは言語道断。
友人知人の距離でもわざわざ言う必要は無く感じる。名前を呼べばいいだろう。

タメ口なら相手にもよるが許容できる。使い方次第ではより円滑なコミュニケーションにつながる魔法の道具だ。
だが先日、知人が「初めて会った人が3言目にはタメ口になった」という旨の不満を話してくれた。やはりタメ口は使い方次第だ。


「親しき仲にも礼儀あり」の一線は、少なくとも僕の中ではお前呼びがそれだろう。
僕の友人は比較的年上が多く、知り合う場所が違えば一緒に酒を酌み交わす機会なんて一生なかったような人が多数いる。

僕はいささか踏み込めない人間なので、自他共に認める仲の人でも敬語が抜けない場合がある。だが失礼な敬語では絶対に無い自信があるのでもういいやとなっている。

 

 

ちなみにこんな偉そうに語っていたが僕だってお前呼びはする。

だがここまで他人を重んじる僕だ。使う相手は限られている。

良く言えば特に親しく、
悪く言えばナメている人にはよく使う。

心当たりがあったら密かに恨んでいてほしい。

余談。

戸田真琴さんの最新作が放尿モノで性癖どストライクなので誰か買ってください。

広告を非表示にする

「悪い人ではないけれど」

これこれ、この言葉。この世でいちばん残酷な言葉だと思うのです。


何が残酷かと言いますと、この言葉が使われる時って丁寧に「関わり方に気をつけた方がいい人」って言ってると思うんです。この後に続く言葉でポジティブな紹介って聞いたこと無いでしょう?あってもひと段落置いてから「でもいい人だよ」とかとか。

 

僕は第3者のポジションでこの紹介をされた時、「彼」に対して少しばかり同情してしまう。彼はこのように人に思われているんだなと。そして僕に彼をそう紹介する目の前のこいつは、果たして彼に面と向かって同じ事を言えるのだろうか、と。

 

だからこの紹介をされた瞬間、僕は彼に対してではなく紹介者をほんの少しだけ信じられなくなるのです。だからこの紹介の仕方はやめるか彼本人にも同じことを伝えてあげて。悪い人ではないヤツは大抵無自覚だから。

 

自覚できてれば意識できて改善できて、最終的にいいやつになれるはず。

「私はバズ・ライトイヤー。敵ではない。」

ほり雑・ライブの感想と思いきや自分語り

HZETTRIOのライブに行ってきました。憧れそのものだった。

知らない人のために説明、HZETTRIOとは

かつて東京事変でキーボードを担当していたHZETTM(以下ゼト)さん主体のインストバンド

最近だとアフラックのCMソングや記憶に懐かしいリオ五輪閉会式に楽曲提供してました。説明おわり。

 

前々からね、行きたかったのよこのライブ。

どっかのテレビCMでたまたまツアーの存在を知ってね。次の日にはチケットを買ったんです。もう数ヶ月前の話かなあ

ちなみにその次の週くらいに僕はアメリカで豪遊してほりきり家では珍しいガチ説教をされました。ママンごめん。

 

インストバンドだからボーカルは無いので、メンバーが話すのはMCの時のみなんだけれどもこれもユーモアに溢れていた。まずしっかりと進行や挨拶をし、それぞれ考えてきたであろう小ネタを披露。そしてゼトさんのトークはグッダグダ。(褒めてる)7割噛んでた。それと客層も見やすい環境だった。男女比4:6くらいで平均身長もそこまで高くなく。終始演者の顔が見えててとても快適。

 

僕は元来ライブはゆっくり落ち着いて見たい性分で、それこそ映画を見るくらいリラックスして見ていたい。だから自分がなぜアイドルやロックの畑にたどり着いたのか未だに理解できないし、オルスタの文字だけでテンションが下がる人間なのだ。ごくたまにテンションがすこぶる上がってわちゃわちゃしたりするけれど、よほどの事が無いとそこまでいかない。酒もってこい。

そうしてライブも終盤に。ゼトさんの鍵盤さばきも悪ふざけもどちらにも拍車がかかり絶妙な一体感を生み出している。もうね、ライブに関係ないけどゼトさんのキャラクターめっちゃ好きなの。憧れなの。常にふざけてるけどやる時はやる感じ?ロバートダウニーJr系のそれだよ。わかれ。

 

HZETTMのピアノは常に動き回っていて、日常系アニメのように永遠に続く平和を感じてしまう。でもその曲も演奏に終わりがあるんだなと思うと、大団円のような笑顔で迎えるなんとも言えない虚しさが残る。言葉が飛んでこないために自分の脳内会議がはかどるのもインストバンドの醍醐味なのかもしれない。そんな物思いにふけっていたら、自然と隣にいる彼女と手を繋いでいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妄想が頭をよぎって死にたくなった。